サイトに設置した広告が表示されずに困っている男性

広告コードを正しく設置したはずなのに、

サイトを見てみると表示されていない事があります。

 

広告コードのコピペを失敗したのかも?と

もう1度やり直してみてもやっぱり表示されない。

 

そんな状況で困っている場合、

ほとんどが以下に紹介する方法で改善することができます。

 

1.ブラウザのキャッシュクリア

広告が表示されないほとんどの場合は、

使っているブラウザのキャッシュクリアで解決できます。

 

ブラウザのキャッシュとは、

インターネットの閲覧履歴を自動で保存しておいて、

次に同じページを見た時に高速で表示してくれるものです。

 

とても便利な機能なんですが、

この機能のおかげで広告を設置しても

広告設置前の状態のサイトが表示されてしまうというわけです。

 

メジャーなブラウザのキャッシュクリア方法を

解説しているサイトへのリンクを以下においておきます。

 この時にクッキーも一緒に削除してしまうと、ログインしていたサイトなどからログアウトしてしまうので注意しましょう!

>>Google chromeのキャッシュクリア方法(DigitalNews365)

>>Firefoxのキャッシュクリア方法(寝ログ)

>>Internet Explorerのキャッシュクリア方法(やるぞう)

>>Safariのキャッシュクリア方法(ネトセツ)

 

ブラウザのキャッシュクリアをしても広告が表示されないときは、

次の方法も試してみましょう!

 

2.サーバーのキャッシュクリア

次に、レンタルサーバーのキャッシュをクリアしてみます。

 

使用しているサーバーのコントロールパネルから、

直接キャッシュをクリアする方法もあるのですが、

「LiteSpeed Cacheプラグイン」ならもっと簡単に出来ます。

 

LiteSpeed Cacheプラグインを使えるサーバーは、

当ブログ内でも紹介している、

「mixhost」と「カラフルボックス」のみとなります。(以下の記事を参照)

 

LiteSpeed Cacheプラグインをインストールしていると、

ワードプレスの管理画面の上部に以下の画像のようなマークが表示されます。

LiteSpeed Cacheプラグイン画面

ポインターを合わせると表示されるメニューの中から、

「すべてをパージする」を選択するだけでOKです。

 

これでサーバーのキャッシュがクリアされました。

 

これでもまだ表示されないときは、

次の項目をチェックしてみましょう。

 

3.「http」と「https」が違う

ASPなどが発行してくれる広告コードの中には、

広告に移動するためのURLが含まれています。

 

ほとんどの広告コードの中には、

「src=http○○○」

「src=https○○○」

という文字列が含まれていると思います。

 

このURLの「http」「https」の部分があなたのサイトのものと

一致していない場合に広告が表示されないことがあります。

 

例えば当ブログだと、

https://free-square55.com というURLですが、

このサイトに「http」で始まるURLの広告コードを設置しても

表示されない場合があります。

 

ASPによっては広告コードを発行する際に、

http か https を選択できる欄があるので、

これを間違えずに発行するようにしましょう。

 

4.時間をおいてから再度確認してみる

設置する広告の種類によっては、

すぐに表示されないタイプのものもあります。

 

あれっ?と思っても焦らずに1~2時間ほど時間をおいてみると、

普通に表示されている場合もあります。

 

これらの方法を試してみても広告が表示されない場合は、

担当者か問い合わせフォームなどから問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

以上、広告が表示されない場合の対処方法でした!

 

知っているとなんてことない事なんですが、

知らないと、最悪数時間ドツボにハマってしまうなんてことも。。

 

特にブラウザのキャッシュクリアは何かと使う事が多いので、

「何か問題があればブラウザのキャッシュをクリアしてみる」

くらいに覚えておくと意外とすぐに解決できたりします ^^

おすすめの記事