前回までの記事ではmixhostのサーバーに独自ドメインを追加する方法を解説しました。

「まだドメインを追加してないよー」って人は以下の記事を参照してください。

ここではmixhostに追加したドメインのサーバーにWordpresをインストールしていきます。

専門的な用語ばかりで難しく感じるかもしれませんが、mixhostに標準で付いているcPanelのおかげでWordpresのインストールもいたって簡単です。

mixhostでワードプレスをインストールする手順

まずは前回と同じ手順でmixhostのマイページにいき、『アドオンドメイン』からcPanelにログインしましょう。

大田タオ
手順を忘れた人は上にある関連記事でcPanelへ移動する方法を確認してください。

アドオンドメインの画面左上にある四角がたくさん並んだ様な形の『ホーム』をクリック。

 

項目がズラズラ―っと並んだ画面に移動します。

画面をスクロールしていって1番下にある『SOFTACULOUS APPS INSTALLER』の中にある『Wordpres』をクリックしましょう。

Softaculousの画面に切り替わるので、『Install Now』ボタンをクリック!

続いてWordpressのインストール画面です。

ここからは入力し間違えるとややこしい事になるので、注意して作業してください。

ソフトウェアセットアップ

  • プロトコルの選択:https://を選択
  • ドメインの選択:Wordpressをインストールしたいドメインを選択
  • ディレクトリ:初期ではwpとなっていますが、空欄にしておきましょう。

サイト設定

  • サイト名:後から変更可能なのでこのままでもOK
  • サイト説明:こちらも後で変更可能です
  • マルチサイトを有効にする:チェックを入れずに空欄のまま

管理者アカウント

  • Admin Username:こちらは後で変更不可です。簡単なものだとサイトに不正ログインされる確率が上がるので注意しましょう
  • Admin Password:パスワード強度が『Strong』になる12文字以上の英数字を入力
  • 管理者Eメール:後で変更可能なのでそのままでもOK

UsernamePasswordを考えるのが面倒ならこちらのサイトで自動生成できます⇒【 LUFTTOOLS

大田タオ
ユーザ名とパスワードはWordpressの管理画面にログインするときに必要になるので必ずメモしておこう!

 

 

後は『言語の選択』『Select Plugin(s)』『アドバンスドオプション』『テーマの選択』とありますが、全てそのままでOKです。

画面を1番下までスクロールして『インストール』ボタンをクリックしましょう。

 

インストール画面です。

「3~4分ほどかかります」と書いてありますが、そんなにかかった事はありません。

無事インストールが終了したら以下の画面が表示されます。

『インストール場所』に表示されているのがサイトのホームページアドレスで、

『管理者URL』に表示されているのがWordpressの管理画面に入るためのURLとなります。

 

管理者URLをクリックすることで、管理画面に移動するので先ほど作成したユーザ名とパスワードを入力してログインしましょう!

 

httpsサイトの場合、作成してすぐは『このサイトは安全ではありません』といった感じの警告が表示されるかもしれませんが、

これは数日たつと自動的に消えるので気にすることはありません。

おすすめの記事