アフィリエイトで稼げずに悩む男性

少ない手間でしっかりと収益を上げているサイトもあれば

毎日作業していてもなかなか稼げるようにならないサイトもある。

 

さて、あなたのサイトはどちらのパターンでしょうか?大田タオです。

 

稼げていないサイトを見てみると、一定の程度の法則があるようです。

今回はその中でも圧倒的に多かったパターンを紹介しようと思います。

 

もし、あなたのサイトがこれに当てはまっているなら

その運営方法では、いつまで経っても稼げない可能性が高いので要注意。

 

1.稼げていないサイトを実際に見てきました

このブログの更新期間が結構開いてしまっている時期がありました。

(いつも読んでくださっていた方はゴメンナサイ...)

 

実はその期間も結構な数の問い合わせのメールをいただいておりまして、

メールの質問の中でも多いのがやっぱり『集客』と『収益』に関してなんですね。

 

当ブログは基本的に検索エンジンからの集客をおすすめしているサイトなので

質問内容ももちろん『検索からの集客が思うようにいかない』といったものです。

 

まあそりゃそうですよね。

 

サイトで稼ごうにもそのサイトに人が集まっていないことには

なかなか収益につなげることは難しい状況だといえます。

 

質問と一緒に自身が運営するサイトの

URLを送ってこられる方が結構おられました。

 

そのすべてに対応することは時間的にも厳しかったのですが

なかなか他人には教えづらいであろう

アダルトサイトのURLを送ってきてくれているという事で、

ピックアップしてある程度は確認させてもらってました。

 

そうして他の方が運営するサイトを見てきた中で

一定の法則があることに気付いたのです。

 

法則と言ってもごく基本的な事なんですけどね。

 

ここからは稼げていないサイトの鉄板パターンを紹介してきます!

あなたが運営するサイトがこれらに該当してしまっていないか?

客観的かつ、注意深くチェックしておきましょう。

 

2.稼げるタイミングに到達していない

稼げるタイミングに到達していないサイト

1番多かったのが、この『稼げるタイミングに到達していない』というパターン。

じゃあ稼げるタイミングって一体どこなの?ってなりますよね(笑)

 

稼げるタイミングに到達していないケースは2つ。

a.サイトの運営歴

相談を寄せてこられた方のサイトを見てみたところ

そのほとんどが運営を始めてから3ヶ月未満のサイトばかりでした。

 

確かに毎日記事を更新し続けて1~2ヶ月ほどたってくると

『本当にこのまま続けていて大丈夫なのか...』

なんて気持ちが湧き上がってくるのは

ボクも実際に経験してきたことなのでよくわかります。

 

ですが、アクセスや収益を期待するにはタイミング的にまだまだ早いです。

(アンテナ依存型エログは除く)

 

2、3ヶ月で結果が出ないと、

なんだかこのままではアクセスが集まらない気がしてきてきますよね。

そこで軸がブレブレになってしまうとハッキリいってドツボ。

 

しっかりと事前リサーチして立ち上げたサイトなら

自信を持って、いいサイトを作りあげることに集中するようにしましょう。

b.記事数が全然足りてない

2番目は記事数が全然足りていないサイト

特にエログタイプのサイトを運営されている方に多かったです。

 

総記事数がまだ500記事にも達していない時点で

「アクセスが集まらないので方針を変えようか悩んでいます」

なんて言われている方もおられました。

 

ボク自身も経験してきているので、不安な気持ちはよくわかるんですが

この時点でアクセスが集まるかを判断するには、まだまだ早すぎるんですよね。

 

アクセスが集まらないと

どうしても不安な気持ちになってしまのは仕方がないことなんですが

そこをぐっとこらえて淡々と作業を継続できた人が結局強いんです。

 

この事に関しては、以下の記事で解説しているので参考にして下さい。

>>損をしたくないという気持ちが邪魔をする!アダルトアフィリエイトと損失回避の法則の関係とは?

 

稼げるタイミングに到達していない2つのパターンを解説しましたが

これらは比較的運営初期の初心者の方のパターンなので

実はたいした問題ではありません。

 

問題なのは、ある程度運営歴も長くなってきている次のパターンです。

3.ジャンルが定まっていない、または広すぎる

サイトのジャンルが定まらずに稼げていない様子

運営歴もそれなりに長く記事数も数千記事レベルまで

増えてきているのに検索からのアクセスが全然集まらない。。

 

そんなサイトが陥ってしまっているのが

この『ジャンルが定まっていないパターン』です。

 

アクセスが集まらない不安から運営方針がブレていってしまい

一体何の動画を紹介しているのかわからなくなってしまっているようなサイトです。

 

上で紹介した『稼ぐタイミングに到達していないサイト』が

そのまま運営を続けてどんどんと悪化していったようなイメージですね。

 

数千記事レベルでこの状態になってしまうと

症状はかなり深刻だといえます。

 

動画のジャンルがブレブレになってしまったサイトは

もはやこちゃまぜ雑記ブログ状態でどんな動画を紹介しているのかわからず

ユーザーが離脱してしまう原因となります。

 

このまま記事を積み重ねていったとしても焼け石に水。

 

今回の失敗を踏まえて新たにサイトを作りなおす

無駄な記事を削除しまくるという荒療治が必要となります。

 

ジャンル選定は足し算ではなく掛け算です。

ジャンルが0点なら記事をいくら増やしていったところで結果はゼロです。

 

もしあなたのサイトのジャンルが定まっていないようなら

1度手を止めてじっくりと考える必要があります。

 

さいごに

以上がボクが実際に見てきた、稼げていないサイトの鉄板パターンでした。

 

あなたのサイトは大丈夫だったでしょうか。

稼げるサイトを作り上げるため大事なのはやっぱり基本。

 

ここをおろそかにしてしまうと、いくら時間をかけたとしても

いつまで経っても稼げるようにはなりません。

 

逆に言うと基本さえキッチリと押さえておけば

稼ぐのはそんなに難しくはないということです。

 

大田タオ
思うように稼げてない人はもう1度基本に立ち返りましょう
おすすめの記事